top of page

NEWS

2024年元旦に起きた石川県の能登半島を震源とする大地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。ここ、南加賀から震源地は離れた場所とはいえ、強い揺れと津波の警戒で一時緊迫しましたが、幸いに大きな被害はありませんでした。皆様にご心配をおかけしましたが、家族一同おかげさまで元気に過ごしています。

 

報道などによりますと南加賀地域では一部地域を除き、交通や物流などのライフラインは、ほぼ復旧しています。先日、久しぶりに市内のスーパーに出かけてみると、食料品などは充分にあり普段と変わりがない生活が戻ってきています。ガソリンも満タンにできましたし、暖かい部屋で食事ができる日常が何よりの宝なのだと感じています。

 

しかし、被災地はまだ被害の全容が明らかになっておらず、先が見通せない厳しい状況が続いています。能登の珠洲市は祖父の故郷であり、七尾や輪島には友人たちが住んでいます。暖冬とはいえ寒い日が続いています。どうか元気で、健康でと今は願うことしかできない自分がとても歯がゆくてなりません。

七尾ではようやく年賀状が届いたとのこと。厳しい状況の中で「よく届けて頂いた」と感謝するとともに、「こんど会おうね」と友人との約束が、どうか実現できますように…。今は被災地の事を忘れず、自分にできる事に励んでいこうと思います。

第4回Classical photographの魅力_01
第4回Classical photographの魅力_02

AKIKO KITAGUCHI

P H O T O G R A P H Y
bottom of page